初回無料相談

03-3580-1951

[オンライン相談実施]

03-3580-1951
お問い合わせ

メニュー

現物分割ができない場合

現物分割ができないのはどのような場合ですか。

例えば、1個の建物の現物分割や現物分割後の土地の面積が狭く、また道路付けの規制などで建物の建築ができない場合には、価値が著しく減少するために現物分割ができません。

この価値の著しい減少の意味について、明確な基準があるわけではありませんが、現物分割をした場合と土地を現状のまま一括して売却した場合の下落率が10%程度下落しただけでは、価値が著しく減少したとは言えないとした裁判例があります。

初回無料の法律相談

お電話/メール

  • 法律相談の予約をしたい旨をお伝えください。

弁護士と日程調整

  • 法律相談を担当する弁護士が、直接日程調整を行います。
  • 弁護士の予定が空いていれば当日の予約も可能です。

法律相談

  • 当事務所又はオンラインでの法律相談(原則:平日9:30~18:00)
  • 早朝・夜間(7:30~21:00)や土日のご相談も対応可能

まずはお気軽にご相談ください。

03-3580-1951

予約受付時間 平日9:30~18:00

まずはお気軽にご相談ください。

電話約受付時間 平日9:30~18:00

03-3580-1951

予約受付フォーム