初回無料相談

03-3580-1951

[オンライン相談実施]

03-3580-1951
お問い合わせ

メニュー

現物分割を行う場合の資料

現物分割を行う場合、どのような資料が必要ですか。

現物分割を求めるには、測量図が必要です。場合によっては、不動産鑑定士の鑑定書等が必要となる場合があります。

現物分割を行う場合、土地を分筆する必要がありますので、具体的な境界線を記した測量図が必要となります。また、現物分割後の土地の評価額同士が、各共有者が保有している持分と同様の割合になっているかも問題となります。例えば、ある土地のうちAさんが6割、Bさんが4割の持分を持っている場合には、現物分割後の土地の評価額の割合、つまりAさんが単独所有する土地の評価額とBさんが単独所有する土地の評価額が、6対4の割合になっている必要があります(面積の割合ではないことに注意。)。この割合が正しく算定されていることを証明するために、不動産鑑定士による鑑定が必要となる場合があります。

仮に、先ほどの例で、Aさんの土地の評価額とBさんの土地の評価額の割合が、5.5:4.5になったような場合には、BさんがAさんに対し、一定の精算金を交付することにより、共有者間の公平を図ります

初回無料の法律相談

お電話/メール

  • 法律相談の予約をしたい旨をお伝えください。

弁護士と日程調整

  • 法律相談を担当する弁護士が、直接日程調整を行います。
  • 弁護士の予定が空いていれば当日の予約も可能です。

法律相談

  • 当事務所又はオンラインでの法律相談(原則:平日9:30~18:00)
  • 早朝・夜間(7:30~21:00)や土日のご相談も対応可能

まずはお気軽にご相談ください。

03-3580-1951

予約受付時間 平日9:30~18:00

まずはお気軽にご相談ください。

電話約受付時間 平日9:30~18:00

03-3580-1951

予約受付フォーム