共有不動産の共有物分割・売却は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

法律相談(初回無料)のご予約・お問い合わせ

03-3580-1951

受付時間 平日9:30~18:00

共有物分割請求訴訟とは

共有物分割請求訴訟

共有物分割請求訴訟とは、共有物分割の方法のうち、裁判所を通じて共有状態の解消を行う訴訟です。この共有物分割請求訴訟は、裁判所に適切な分割方法を裁定してもらうものなので、通常の訴訟のようにどちらか一方の勝敗を決めるものというよりは、むしろ、裁判所の合理的な裁定を仰ぐというところに特色があります。

共有物分割請求が望まれる典型的な事例

共有物の分割を図ろうとする典型的な事例には次のような場合があります。

具体例1  複数の相続人で共同相続した不動産の分割

たとえば、親族が亡くなって、複数の相続人でとりあえず法定相続分に従って遺産分割を行い共有として登記はしたものの、固定資産税の負担や賃貸借契約などの不動産管理上の煩わしさから、数年後に相続人の共有物分割を試みようとする場合。

具体例2  遺留分減殺請求によって、法律上共有になった不動産の分割

相続人の一人にすべての財産を相続させる旨の遺言が残されている場合、遺留分の侵害をうけた相続人が遺留分減殺請求の意思表示を行うと、遺産の中の不動産はその意思表示の瞬間から共有状態になります。このような遺留分減殺請求をした者とされた者との共有物分割を実現しようとする場合。

具体例3  夫婦や兄弟で共同出資して購入した共有名義の不動産の分割

不動産などの事業用の財産に共同出資している場合に、共同出資者の一人が事業から手を引く時に共有の解消を求める場合や、夫婦で共同出資して購入した自宅などの不動産の共有物分割の実現を求める場合。

共有物分割の方法

共有者が協議によって共有物を分割する場合は、全員の合意があればどのような方法によることもできます。
一方、共有物分割訴訟における分割の方法は次の現物分割を原則としてそれを補ういくつかの方法があります。民法の条文(258条2項)には裁判による分割について「現物を分割する」場合と「競売」による場合しか示されていませんが、最高裁判例等によって不都合を解消する様々な解決方法が導かれています。

現物分割

これは共有物そのものを分割する方法です。ただし、1台の自動車などのように現物を分割することになじまないものについては不可能です。
現物分割の具体例や詳細は「現物分割の具体例」をご覧ください。

全面的価格賠償

部分的価格賠償は現物分割をした際の持分価格の過不足を、一部金銭の賠償によって精算しようとするものですが、全面的価格賠償は現物分割をせずに、共有者のうち特定の者に取得させて、持分を失った共有者へは金銭で賠償させる方法です。代金分割を回避する有効な手段ですが、この方法も常に許容されているわけではありません。
全面的価格賠償の具体例や詳細は「全面的価格賠償」をご覧ください。

代金分割

現物分割ができないときや分割によって価値が著しく減少するおそれがあるときは裁判所が共有物の競売を命じて、その代金を分割する方法です。

相続財産の共有(遺産共有)と物権共有とが併存する場合

遺産共有と物権共有が併存する場合の共有状態の解消方法として、遺産分割(民法907条2項)によるべきか共有物分割(民法258条)によるべきかという問題があります。

実務上、遺産共有となっている部分について遺産分割を先行させ(遺産共有状態を解消してから)、共有物分割を行うことも選択肢として検討されるものと思われますが、遺産共有と物権共有が併存する共有物について遺産共有部分と物権共有部分との間の共有状態の解消を求める場合について、最高裁第二小法廷平成25年11月29日判決は「共有物について,遺産分割前の遺産共有の状態にある共有持分(以下「遺産共有持分」といい,これを有する者を「遺産共有持分権者」という。)と他の共有持分とが併存する場合,共有者(遺産共有持分権者を含む。)が遺産共有持分と他の共有持分との間の共有関係の解消を求める方法として裁判上採るべき手続は民法258条に基づく共有物分割訴訟であり,共有物分割の判決によって遺産共有持分権者に分与された財産は遺産分割の対象となり,この財産の共有関係の解消については同法907条に基づく遺産分割によるべきものと解するのが相当である」と判示し、共有物分割請求訴訟によるものとされています。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)

基本知識